2011年03月12日

大地震・・・

震源に近い方は、自分よりも大変な思いをしたのだろう。

それは今も続いているのかもしれない。


まずは自分への備忘録として、昨日のことを書き留めておこうと思う。


14時45分ごろ・・・
品川区にある会社内で地震。
図書コーナーで打ち合わせしてた。
少しの間は普通に、いすに座ったままだったが、だんだんでかくなる。
机の下に入れ!と叫び声が聞こえる。
最初は、冗談だろう~と、2人で打ち合わせ用のテーブルの下へ。
とたんに左右への揺れがでかくなり、縦方向の揺れも加わる。
本が打ち合わせ用のテーブルの上に降ってくる。本棚も倒れてくる・・・。
座ったままだったら・・・とゾッとした。
揺れが収まったので、慌てて図書コーナーから自席へ。
上着を着て荷物を背負って・・・
事務所のある3Fから非常階段を降りて非難。
誰が許可したんだか、事務所に戻れと。
本当か?と思いつつ3Fの自席へ。
幸いネットはつながる。地震情報をみると、震度7?よくわからない。
ここの震度は出ていなかった。・・・っと再びでかい揺れ。。。
慌てて机の下へ。パソコンが落ちてきたり、かなり怖い。
やはり避難命令。そう言えば去年避難訓練したっけな。
会社内の広場まで非難。30分ほどいたかな?
今度はちゃんと避難解除の連絡が来た。

事務所に戻り、総務や本部長と今後のことを協議。
帰宅命令は出せないし、ここにいるのも安全かわからない。
自分は歩いてでも家に帰りたい。

<会社としての結論>
業務免除とする。
帰宅するのはかまわないが、安全には細心の注意を。
会社に残る場合は、非常食などを支給する。

<自分の結論>
家族に連絡が取れない
まずは歩いて自宅に向かうことを決意

家まで25Km・・・
1時間で4Kmの計算で、6時間ちょっと。

会社を出る少し前に、部のみんなへ報告。
「私は国道15号線を横浜に向かいます。」
「安全の保障は一切ありませんが、同行する方はいますか?」
6人が手を上げて、一緒に横浜へ向かう!

16時会社を出発。

途中で女性3人が、歩き続けるのが辛そうだ。
やはりファミレスで休憩するから、先に行ってくれとのこと。
<<この頃・・・メールで家族全員の無事を知る>>
<<本当にホッとした>>
残り男性2名、女性2名の4人で国道15号を横浜へ。
18時過ぎに蒲田到着。蒲田住まいの女性一人とお別れ。
ここで残る三人で夕飯をとることを決めた。
幸い「ジョナサン雑色店」があった。10分ほどで入れた。
店員の人たちも大変そうだ。17時上がる予定だったが返上した
女性の店員さんと話をした。
「自分の家は歩いて帰れるので、さっき見てきたら大丈夫だった」
「なので戻ってきてまた働いてるとのこと」
「頭が下がる思いだ」
食事を終え、「ガンバッテくださいね!」と伝え店を出る。
かなりの列だ・・・、早めに入って良かったのだろう。

再び横浜を目指し歩き始める。
同じことを考えて歩く人が大勢いる。
途中、鶴見のあたりは停電してて真っ暗。
渋滞する(ほとんど止まったまま)車のライトが街灯代わり。
持ってたLEDライトがこんなところで役に立つとは。

しかし足が痛い・・・。足の付け根の辺りが辛くなってきた。
横浜に到着したのが22:30
この頃になると足が棒のようだし、あちこち痛みがひどい。

少し休憩・・・

再び歩き始めると、友人から連絡。
横浜駅から少し自宅よりのところに、車で来ているとのこと。
神さんに連絡を取って、おいらの帰るルートを予測して迎えに来てくれたらしい。
感謝。。。
もう涙が出るくらいうれしかった。

23時過ぎに、無事に友人と出会い、車に乗っけてもらった。
途中コンビニで食糧を買って帰宅する
24時だったかな。

まだ足が痛いが、まずは落ち着いたので書き記してみた。

避難するときの必需品
・トイレットペーパー
・水
・食料

あれば便利
・サランラップ
など。。。

少し災害用品につて調べておこう。



Posted by yuuuuu at 15:15

< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー
最近の記事
過去記事
最近のコメント
QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
yuuuuu